日焼け止めの種類

日焼け止めに含まれている紫外線防止剤には2種類あります。
化学反応により紫外線を吸収して熱などのエネルギーに変換し、肌内部への浸入を防ぐ紫外線吸収材は、メトキシケイヒ酸オクチル・オキシベンゾンなどの成分が代表的。

UV-Aを吸収するもの、UV-Bを吸収するものがそれぞれあり、よく使われているのはUV-B吸収剤用のようです。
もうひとつは主に粉体で、肌の表面で受けた紫外線を物理的に乱反射させて逃がす紫外線散乱剤。これは酸化チタンや酸化亜鉛などが代表的で、UV-A・UV-Bとも防げて肌への負担が少なくなっています。従来は形状が粉体のためはがれやすかったり、不均一に固まったり、白浮きなどが見られましたが、技術の進歩によりこれらも改良されています。

日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤がいっしょに配合されているものが多く、紫外線防止効果を高めています。
しかし紫外線吸収剤の中にはごくまれにアレルギーや炎症を起こす可能性のある成分も含まれています。肌が敏感な人や、アレルギーを持っている場合は控えた方が良いので、かゆみや赤みが生じたらノンケミカル・吸収剤未使用などと表示されている散乱剤だけの製品を選ぶようにすると良いようです。