紫外線とサングラス

目が紫外線を認識しただけで脳にメラニンを出すように指令が行くので、サングラスをかけることも紫外線対策に有効なのは知っている人も多くなってきました。肌への紫外線対策の意味だけでなく、直接的な目への影響を防ぐ意味でもサングラスは有効な手段となります。

紫外線が引き起こす目の急性のトラブルとして多いのが雪眼炎です。これは雪山などで目を防護せずに長時間過ごすと、一時的な角膜の炎症により激しい痛み感じることがある「雪目」と呼ばれるもののことです。
白目の結膜の一部が黒目に三角形状に被さり、目の充血や異物感を感じる翼状片という病気や、目の水晶体がにごって視力が低下してしまう皮質白内障も紫外線のB波(UV-B)がタンパク質を破壊することが原因となる病気です。
しかし色の濃いサングラスをかけていると視界が暗くなるため瞳孔が開き、横からの散乱紫外線が入り込んで目を傷めてしまうこともあります。

サングラスの形状も面積の狭すぎるレンズやレンズと顔の間の隙間が空きすぎる形状は光の防御効果が低く、紫外線が目に侵入しやすくなります。
サングラスは目の全体が覆われるように幅が広く、顔の形にフィットしていること。なおかつUVカット表示があるもので、薄い色のものを選ぶのがベストなのですね。